スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもそれが別れなら 2010年07月18日 思考垂れ流し トラックバック:0コメント:2

ひとりで抱え込むのは愚の骨頂…とかいう話をどこかのブログで見ましたが
まさにそれを実感せざるを得ないところに立っているんじゃないかなって


私のこれまでの半生を乱暴に二分すると、
前半の12年があって、後半の10年程度がある みたいな見方になる
だけどその後半10年分をまるごと、先の言動によっては、失いかねないのかなって
そうしてそれを失ったとき、
前半の12年間の間に全く「自分らしいこと」がほとんどなかったことを考えると、
現在の私には「何も残らない」、ということになってしまう。
そうなったとき、どうなるんだろう、その先、どうするんだろう。
考えているけれど、想像ができない。
いや、考えているつもりで、実は全部シャットアウトしてるのかもしれない。

もちろんその事態を間接的にでも作ったのは、私自身です。
それだけ当時の私には、「失いたくないもの」があったらしい。
(「何故失いたくなかったか」については、今考えてもわからない。)
それで自分を守るため、ずいぶんとずるい選択を繰り返してきた。
その所謂「ずるい生き方」が始まったのが、ちょうど13歳ぐらいの区切りであり
以降10年近く、細かいトラブルはあれど、大事は何もなくここまで来たというのが
むしろ不思議なぐらいの話です。ヤマはとっくに過ぎていたんだ。

傷つくことや苦しむことを、ひとつひとつ先延ばしにして、
そしてそれの集大成を、こういう形で向き合うことになる。
もちろん、いつか来ることは頭の片隅ではわかってたはずでした。
それでも私には、覚悟が足りませんでした。


この先にもしも「もしも」何かあったなら、私の名前は忘れてもらうのがいいのだと思う。
汚れ物を残すぐらいなら潔いほうがいいと、常にそんな極端な判断の繰り返し。
ずるいよ。非常にずるいね。そのずるさのせいで、まず自分自身を貶めてるんだけど。
いや、そもそも、こういうことを悩んでること自体が私の錯覚で、
実は発想の転換をすれば意外とカンタンなんじゃないかとか
もっと他にも考え方があるんじゃないかとか
色々思うところもあります。でもこれについて、すぐには答えは出そうにない。

たぶんギリギリまで足掻くんだと思う。
そういう「変なやり方」を10年近く続けてきたものとして
いきなり豹変するなんてことは、土台無茶なこととしか思えない。


ここには、ニセモノしかいない。
積み上げたのは、わりかし綺麗な皮だけです。
それがいかに悲しいことなのかを、知るんだと思う。

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

コメント

悩んでる暇があったら手とか体を動かして
自分にできることをガムシャラにすればいいと思う
沈黙してしまうのが一番こわい

偽者、本物とかはよくわからないが
素の自分を出せるのなんて家の中ぐらいです
人間付き合いには綺麗な皮は必要だと思う(それも人用に数種類の皮が)
あなたが普段見ているのものも他人の綺麗な皮の部分じゃない?

30になるまでまだまだ若いんだから
今日から気持ちを改めて
人生の第3部スタート!(ふっきれた編)









  1. 2010/08/21(土) 14:44:58 |
  2. URL |
  3. 匿名 #-
  4. [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントどうもです。
実は、これをみた当初は、無礼ながらも心動いたとは言えない状態でした。
本当の意味で衝撃を受けたのは、どんな人が書いたものなのか
大体の見当がついてからのことでした(不本意かもしれませんが…)

この記事にもある10年ほどの間、たとえ薄皮で纏った態度といえど
数年お付き合いさせていただいてる人が、何人かいました。
これを書いてくれた方も、おそらくその中のひとりだろうと想像します。
もしかしたら何度もお世話になったかもしれません。
ただ、その長年の付き合いの方とはほとんど、てんでんばらばらになっています。
普段の生活はそれほど緩いものではないし、多くは自分のことで精一杯になっていく、
そうやってどんどん忘れざるを得なくなっていく、それが当然だと。
私もあえてそういう輪から距離を置いて、今やかなり離れてしまったものだと
なんとなくそう思っていたのでした。

それだけに、こうやって憶えていて見てくれてる人がいたのだと、
わざわざここまで心砕いて書いてくれた人がいたんだということが
すごく衝撃でして。ご配慮本当に、感謝します。
ここでこういった言葉をいただいたということを、今後も大事にしていきます。


>>素の自分を出せるのなんて家の中ぐらいです

ほんとにそうです。家でもあんまり出せてるとはいえませんねw
でももうちょっと素直になったら気が楽なのやも。
見せているものばかりでなく、見ているものもある程度は皮…か。
でも本質はそこではなく、もっと別なところってことなのですよね。
なんだかすっきりしました。
第三部、きちんと作り上げていきたいです。ありがとうございました。
  1. 2010/08/21(土) 22:16:58 |
  2. URL |
  3. 神庭Neon #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://expside.blog71.fc2.com/tb.php/74-b0c066c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。