スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ひわい精鋭軍より】パンヤのアバウトレクチャー【バナナがうまい】 2011年07月05日 ゲーム トラックバック:0コメント:0

最近始めたお友達がいらっさるので
ぼくが口頭で教えてもらった超簡略化アバウト解説というか
完全内輪向けです。内輪以上の方々に見られるとすげー恥ずかしい話です。

アバウト以上のちゃんとした精度がほしい場合は
各種攻略サイトを見ましょうだな。



【パター】

●高低差

ピンの上に書いている数字は高低差。
数字が大きければ大きいほど上り坂で、マイナスが大きければ大きいほど下り坂。
0.2につき、1y程度を本来の数値よりも大目(あるいは少なめ)に打つ。
たとえば、距離が 10y で 高低差が 0.82 と書いてあった場合は
大体14y程度の力加減で打てば途中で止まることはない。

ただし強すぎてもカップを越えていってしまうのでやりすぎ注意。

●曲がり方
地面の黒丸の4つめを中心にラインをイメージする。
これは指導というより、繰り返しやってるうちに
「見える」ようになってくるので なんとも説明しづらいのだけど
攻略サイトにはもっと詳細に書いてあるようです。
なお、力加減は 強めに打つほどカップインまでの曲がり方が少なく
弱めになるほど曲がりやすくなる
ので、慣れてきたら自分の好みで調整する。



【Q.B(いわゆるO.B オチャロー)を極力防ぐには】

●着弾地点を把握する
1ウッドの飛距離は、そのまま見れば、230yまで飛ばせるように見えます。
しかし実際は、バウンドを繰り返して最終的な到達地点が230y、という意味なのです。
最初の落下地点は、3ウッドの頭付近だといいます。
(スピン能力が多い場合は、打点を下げれば若干伸ばすこともできる。)
なので、「この崖は越えられるかな?」とちょっと悩んだ場合は、
一度クラブを「3ウッド」に切り替えてみて
崖と重なっていないか確かめてみましょう。

●水切り
練習場で教えてもらえる「トップスピン」は、
池や川の上に落ちても水を切って進むことができます。
あえてこれを利用してコースをショートカットしたりするケースもありますが
広大な海では歯が立たないので、やはりイルカさんは避けられない(

●特殊ショット
さきほど「230yは最終到達地点だ」と書きましたが
バウンドを無視して直接そこに落とす方法があります。
トマホークショットやスパイクショットです。
簡単なのはトマホークで
赤いビン(あるいはコンボゲージが赤いときにALTを押した状態)を使って、
パンヤショットを打つ直前に、矢印キーの ↑↓ と 順番に 押します
正常に認識された場合は画面にも紺色の矢印が現れるので、見てから打つといいです

なお、トマホークは、高低差の「のぼり」に強く、
スパイクは「くだり」に強いらしいです。


【狙ってみましょう。ニアピンしましょう】

●トマホーク
さきほどのトマホークに「スピン」をつけて狙う(ありすちゃんがやってたやつ)
ことができるのですが、その場合は 打点を下にセットしてから
↑↓ と順番に押します。最後の矢印だけ長押しします。

トマホークは風の影響を受けにくい性質があるので、
普段の曲げ具合よりも控えめにすると近くに落ちます。

Blue Lagoonなどのコースでは、グリーンの1マスが大体1.5yの大きさだそうです
横風3Mになっていたときは、大体2マスほど横にずらして打っています(自分は。
ただしこれは超アバウトです。実際はもっと厳密な計算があり、
到達するまでの距離にもたぶん左右されるはずなんですが
あと斜めの風のときには完全に山勘で行くしかないってことになっちゃいますしね。
アマチュアになってもHIO200本出てない人の物言いですので
あまり信用しなくていいです(えー


●バックスピン
スピン能力を7と仮定した場合 1ウッドで
目的の距離+20y でバックスピンをすれば入りそうな感じになります。
1ウッド以下のクラブの場合は 目的の距離+15yでかけます。

どういうことかというと
ピンの位置までたとえば 215y あった場合。
1ウッドで、235y(237yぐらいかな)にセットしてバックスピンを入れる。
そうするとあらふしぎ、結構ニアピンします。
ただ、追い風・向かい風のことも考慮しないといけないです。
ぼくの言うことを聞く限りは運にも左右されるので、ちゃんとした攻略を見ましょう。(何なの

バックスピンで狙う場合には、スピン能力は多いほどやりやすくなりますが
そのかわりトマホークでの調整が難しくなるので、
ここではスピン7のみに限定しています

つーか7以外やったことないの。(←実態


●ショートチップ
グリーンの外や縁に落ちてしまったとき。芝などで、
地面が95%かつ凸凹がない・向かい風や追い風がないときに限っては
クラブを 6I にして、目的距離-1%の力で打ちます。
たとえば、20yだけ残っていた場合には
ショットするときのゲージを19%(2目盛りよりも少し減らす)でセットします。
WestWizを使うと練習しやすいです。

横風はすまん、ぼくは山勘です。残念なことです(

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://expside.blog71.fc2.com/tb.php/168-b628bb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。